スギと日本人

ヤマとモリ

江戸時代以前から、日本の山地は多くが採草地や薪炭林として利用されていました。

裏山の採草地は、草を刈って田んぼの肥料にしたり、牛馬のエサとしたり、屋根ふきの材料としたりして、農業や生活に欠くことのできない資源供給の場でした。草とともに伸びてくる潅木は、刈り取って乾燥し、燃料にしました。昔話の主役のおじいさんは、「森へ木を伐りに」ではなく「山へ柴刈に」出かけたのです。

今日、多くの人が山林を指して「モリ」と呼びます。しかし山人にとって「モリ」とはこんもりと樹木が生い茂る神社の森(杜)のような樹叢(じゅそう)のことであって、草や薪を取るところはあくまで「ヤマ」なのです。このようなヤマは戦後の拡大造林によってスギやヒノキなどの針葉樹人工林に変わってしまいました。しかし、今でも山村の人々は、そこを「モリ」ではなく「ヤマ」と呼んでいます。林業はヤマ仕事であってモリ仕事ではないのですね。

暖温帯地域の草山は、草を刈ることをやめると、たちまちコナラなどの広葉樹林に変わっていきます。コナラは若いうちからたくさんの実をつけるために、たちまちにしてコナラが優占する山に変わります。このような広葉樹林は薪炭林として繰り返し伐採利用されてきました。これが里山です。

里山を越えて天然の大木がうっそうと茂る奥の方に分け入りますと、そこは昔話で活躍する鬼や山姥(やまんば)が住んでいるところです。もちろん山姥はモリンバではありません。ここが奥山です。古代人は死者の行くヨミの国は山の奥にあると考えており、奥山はまさに異界なのです。

この異界にも、林野庁は戦後、森林鉄道を敷設してどんどん斧鉞(ふえつ=オノとマサカリ)を入れ、ブナなどの広葉樹の大木を伐り出して針葉樹の造林を進めました。しかし保育管理の行き届かない奥山の造林は、雪による根曲がりなどが発生して生育が不良であり、多くの奥山の造林地で木材の収穫が期待できる生育状況になっていません。

スギの天然林

それでも、智頭町の芦津集落の奥の芦津渓谷には、貴重なスギの天然林がブナやミズナラの大木とともに分布しています。

この地域は「氷ノ山後山那岐山国定公園」の区域に指定されており、「遺伝資源保存林」として管理が行われています。つまり、芦津の奥山の沖ノ山スギ天然林は、屋久島にも匹敵する貴重な森林なのです。

天然スギは小集団ごとに分布していますが、雪が多いために「伏条更新」によって個体が増加します。

伏条更新とは、自然に起きる取り木のように更新する現象です。下の方の枝が雪によって地面に圧着されるため、やがて発根して枝は独立した個体として成長していきます。このような更新は日本海側の多雪地帯で広く認められます。

縄文時代のスギ

奥山のスギの天然林は必ずしもスギの「ふるさと」というわけではありません。元来スギは、もっと下流の平坦な場所、例えば鳥取平野のような所の方が生育の適地でした。過去のスギの分布について、長年にわたって堆積した沼地などの泥土に含まれる花粉化石の分析結果をみますと、今から3000~1万年ほど前の縄文時代は、どこもかしこもスギだらけだったことがわかります。

島根県の大田市三瓶町小豆原には三瓶山の噴火による火砕流や泥流によって3500年前に埋もれたスギの巨木からなる埋没林が展示されています。

富山県の魚津市でも、海岸近くの海中に2000年ほど前のスギの根株が見つかっています。さらに鳥取市の湖山池からは、3500年ほど前のスギの丸木舟が2艘発掘されています(鳥取市博物館)。これらから考えますと、スギは水気の多い平野部の環境の方が生育に適していたのではないでしょうか。おそらく、平地のスギ林は人間の活動によって消えてゆき、やがて田んぼに変わっていったものと思われます。

スギの利用

スギは通直で割りやすく、加工が容易なため、古代から盛んに利用されてきました。古事記では、スギは素戔嗚尊(スサノオノミコト)のヒゲが変じてできたそうですが、「浮宝(うきたから=舟)を作れ、と書いてあります。また年輪の詰まった木材は柾目に薄く割って曲げ、サクラの樹皮などで固定して水や食物などを入れる器として利用しました。これが曲げ物(曲げわっぱ)です。

以下に掲載した写真は面桶(めんつう)、めんぱなどと呼ばれた曲げ物の弁当箱です。

曲げ物が登場する前は、木材を刃物でえぐり、ボウルの形に整えた「刳(く)り物」が使われていました。曲げ物は秋田県の大舘が有名ですが、最近、智頭農林高校や卒業生が生産する曲げわっぱの質がどんどん向上して評価を高めています。

しかし曲げ物は繊細すぎて、弁当箱ならまだしも、多量の水、酒、味噌、醤油、漬物などを長期間ためて置いたり運搬したりできる大型の器を作るのは不可能でした。また陶器の壺は、大きくなるほど重量が増し、しかも高価なうえに割れると修理も不可能なため、一般的な利用は困難でした。

そこで容器として登場してくるのがスギで作られた桶(おけ)や樽(たる)です。

これらは節のないスギ材を年輪に沿って割った榑(くれ)と呼ばれる板を削り、竹などのタガで締めつけて作ります。このため、「結い物(ゆいもの)」と呼ばれます。無節の材は天然林の木材か、下枝が脱落した長伐期の大径材で得られます。

大陸の技術の伝来によって日本に結い物が登場したのは鎌倉時代の末期でした。フタがないのが桶で、フタがあるのが樽です。最近ではスギの桶や樽を用いて醸造された酒や醤油などはきわめて少なくなっています。しかし、一昔前は、どの家庭でも桶や樽はごろごろしていたのです。

かつての吉野林業や智頭林業では、クレ板を丸く束ね、樽丸(たるまる)として出荷していました。しかし桶や樽の需要は近年のプラスチックの容器に取って代わられ、急速に消えていきました。これは林業の大きな危機でした。その後の林業は建築用材の需要によってなんとか支えられてきたのです。

今の木材需要

ところが最近になって、木材の需要は大きく変化してきました。無垢(むく)の木材を用いた木造建築の需要は減少し、これに代わってCLT(直交集成板)などの集成材がもてはやされるようになりました。

このため、A材と呼ばれる高品質の木材が売れなくなり、CLTなどに加工される質の低いB材や、チップ・燃料などに使われるC材が木材流通の主流となってきています。つまり安物ばかりが売れる時代なのです。

これまた林業の大きな危機なのです。林業は、木材消費者で成り立つ産業ですから、都市のみなさん、良い木材をもっと使いませんか。

スギと公衆衛生

このように桶や樽などの結い物は近世の日本人の生活必需品でした。とりわけ桶は、公衆衛生に大きな威力を発揮しました。都市と田舎とを問わず、肥桶をかついで屎尿(しにょう)を運搬する風景を見るのは日常のことでした。

近世、江戸や京・大坂などの大都市は世界でもっとも清潔な街だったといわれます。これは毎日、都市の屎尿は外部の農地に運び出され、肥溜めの中で熟成して肥料として利用されたためです。そこには郊外の農業生産と都市の屎尿処理が一体となった究極のリサイクル社会がありました。

それを回していたのが無節のスギ材で作られた水の漏れない桶でした。全国のあらゆるところでスギ桶は大活躍していたのです(遠山富太郎 1976「スギのきた道」中公新書)。

これに対してヨーロッパでは都市や農村を問わず、各家はおろかベルサイユ宮殿のような王侯の邸宅でさえ、トイレはなかったのです。人々はみんな「おまる」で用をたし、屎尿は窓から街路へ捨てていました。このためパリのような首都でも街の中に糞便があふれ、不潔極まりない状態でした。中世のヨーロッパではペスト、チフス、コレラなどの疫病が猖獗(しょうけつ)を極め、1832年にはパリでコレラによって1万8000人もの死者が出るに至りました。

その時代、ヨーロッパには頑丈な重いワイン樽はあっても、水溶液を運搬できるスギ桶のように軽くて丈夫な容器はなかったのです。農業における肥料はすべて、家畜の堆肥によってまかなわれており、人糞尿は野外や河川に放棄されるばかりでした。

マーケットで売られる白いマッシュルーム(ツクリタケ、ハラタケ科)は、生でサンドウィッチにも利用されるおいしいキノコです。これは昔のヨーロッパでは馬糞の堆肥に出るキノコでしたが、今では上品な食品となりました。このキノコを見るたびに、中世ヨーロッパの堆肥農業を思い起こします。残念ながら日本の肥溜めには、このようなキノコは生えてきませんでしたね。

Pocket

山本福壽

智頭の山人塾 塾長。鳥取大学乾燥地研究センター・特任教授。農学博士。2016 年より鳥取県智頭町に移住し、塾長に就任。

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です